キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう

【下田】歴史ファン必見→大興奮!松陰の隠れ家《吉田松陰寓寄処(ぐうきしょ)》でホロリ

旅行

【下田】歴史ファン必見→大興奮!松陰の隠れ家《吉田松陰寓寄処(ぐうきしょ)》でホロリ
  • 旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
  • 世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!

みなさんは【吉田松陰】のことをどれだけ知っていますか?

「アメリカの船に乗り込もうとして失敗した」くらいはご存知かと思います。

では、どこで? 浦賀ではありません。

ここ、下田です!!!

松陰の運命は下田で変わった!?さらっと動画でおさらい!

隠れ家の主人、村山医師との出会い

1854年3月18日、吉田松陰と弟子の金子重輔は、2度目の来航となるペリー艦隊の船に密航するため下田に到着し、市内の「岡村屋」に投宿します。

この宿のご主人が、疥癬(かいせん:ダニが原因の皮膚感染症。相当かゆいそうです)を患っている松陰に皮膚病治癒に効能のある「蓮台寺温泉」を薦めました。

松蔭はこの村民浴場に人のいない夜、入浴していました。
そこで松陰に声をかけたのが、この隠れ家の主人「村山行馬郎(ぎょうまろう)医師」だったのです。

松陰が湯治中に村山医師と出会った公衆浴場

現在も周辺住民が共同で維持管理している浴場ですので、観光客は入浴できません。

外から見ると平屋【村山邸】築200年!

村山医師は松陰の疥癬の治療をしながら色々と話しを聞き出したのでしょう。
長州の出身であること、密航を企てていることを聞き、松陰と金子を屋敷の二階に匿いました。

外から見ると二階があることが分かります

当時は豊かな木々に阻まれて、外から二階は見えなかったそうです。

ここから二階へ上がります。階段は取り外し式です。

引き戸を閉めて階段を外せば、下からは「ただの天井」にしか見えません。

ここが二階、およそ八帖の【松陰隠れの間】

昼はここで書をしたため、夜になると密航の機会を伺いに柿崎村へと出かけて行きました。

最近のお話ですが、ここで2時間半過ごした女性がいたそうです。
係の方もてっきり帰ったと思って他のお客様の案内をしていたら、突然上から降りてきてびっくりしたそうです。
思いを果たせなかった松陰と心が通じ合ってお喋りでもしていたのでしょうか。

この畳の上に正座して目を閉じると「知らない世界に飛び込みなさい」と松陰が語り掛けてくるのを私も感じました。

踏海(渡航)への手回し!この部屋でしたためた、ペリー提督への【投夷書(とういしょ)】(=嘆願書)

我々2名は世界を見たいと望む者です。どうぞ、貴船に我々を乗せて下さい。
外国への渡航は、然しながら、日本で固く禁じられている行為です。
もし、あなた方が日本の役人に連絡したならば、我々にとって深刻な問題となるでしょう。
貴提督方に我々の望むところをお許し頂けるのであれば、明日の夜遅く、柿崎村の浜に伝馬船を1艘送ってお迎え下さい。
1854年4月19日
市木公太
瓜中萬二

出典 http://www.tomoland.net

市木公太 (金子重輔の偽名)
瓜中萬二 (吉田松陰の偽名)

松陰と金子は柿崎村で密航の機会を伺います。
村山医師の隠れ家で書いた【投夷書】を、たまたまそこを歩いていた水兵のスポールディングさんに託し、ペリー提督からの迎えの船を待ちました。

しかし、待てど暮らせど迎えは来るはずもなく、いよいよ2人は盗んだ小舟で漕ぎ出したのです!

一番近くに停泊していた「ミシシッピー号」に辿り着いたものの「旗船ポーハタン号へ行け」と追い出されてしまいます。通訳がいなかったからです。

二人は再度小舟でポーハタン号へと向かいます。
旗船に着いたら甲板から「帰れ、帰れ」と棒で小突き回されますが、ここで簡単に諦める訳にはいかない。
やむなく旗船へと無理やり飛び移りました。

その反動で【大事なもの】を乗せた小舟は流されてしまいました。

二人は「連れて行ってくれ」と懇願しましたが、
米国側としては「日米和親条約締結」直後で問題を起こしたくなかったし、松陰が皮膚病だったので乗せたくなかったのです。

結局乗船は許されず、ボートで福浦まで送り返されてしまいました。

二人が旗船ポーハタン号へ飛び移った時、「大事なもの」を乗せた小舟が流されてしまいましたね。
小舟にはこんなものが乗っていたのです。

1つ、着替え(「名前入り」と推測)
1つ、松陰の長刀、金子の長刀と短刀
1つ、師匠の佐久間象山が松陰へ贈った【送別の唄】

福浦に放り出された2人は、夜通し小舟を探しますが見つかりませんでした。
「このままでは師匠に迷惑がかかる」との思いで、下田奉行所に自首したのです。

「踏海(とうかい)」は死罪。それを企てたのですから重罪は免れません。
しかし二人は「蟄居(ちっきょ)」自宅軟禁という軽罰を与えられました。

「日本の厳重な法律を破り、知識を得るために命を賭けた二人の教養ある日本人の烈しい知識欲を示すもので、
興味深いことである。日本人の志向がこのようなものであるとすれば、この興味ある国の前途は何と実のあるもの
であるか、その前途は何と有望であることか。(中略)哀れな二人の運命がその後どうなったかはまったく確かめることが
できなかったが、当局が寛大であり、二人の首をはねるというような極刑を与えないことを望む。なぜなら、それは
過激にして残忍な日本の法律によれば大きな罪であっても、我々にとってはただ自由にして大いに讃えるべき
好奇心の発露にすぎないように見えるからである」

出典 http://www.yoshida-shoin.com

これは、松陰と金子が拘禁されているのを知ったペリー提督が残した文章です。
「極刑に処さないように」との感動的な口添えと、閉鎖的な日本国への皮肉がたっぷり込められています。

ペリー提督は松陰と金子とは会ってはいませんが、事の顛末は知っていました。
松陰が柿崎村でスポールディングさんに託した【投夷書】がちゃんとペリー提督に届いていたからです。 この【投夷書】は、現在イエール大学が保管しています。

下田公園にある「ペリー上陸の碑」

≪吉田松陰寓寄処≫ 最大の魅力は【松陰博士】!?

≪吉田松陰寓寄処≫には、松陰が使った机、硯、茶碗類が大切に保管されています。

松陰と下田の関わり、下田から萩へと移った松陰のその後、松陰が残した沢山の唄など、【松陰博士】と呼びたいくらいの係さんが丁寧に説明をしてくださいます。

それがここ≪吉田松陰寓寄処≫の大きな魅力です。

最後には⦅多くのお客様がほろっと涙をこぼす⦆松陰の唄を愛情たっぷりに詠んでくださいました。

前知識が無くても、楽しめて、興奮して、感動してしまうのです!

いかがでしたか?

吉田松陰を詳しく知っている人も全然知らない人も、是非、≪吉田松陰寓寄処≫へ散歩にお出かけください。
きっと下田にある松陰スポットへ次々と出かけてみたくなるでしょう!

≪吉田松陰寓寄処≫は【海辺のお宿 いそかぜ】から車で約10分です。

稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう
1
  • 稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう
  • 世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

カテゴリー

月別アーカイブ

キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう