【松崎】「盛る」芸術!世界に誇る漆喰こて絵の巨匠【入江長八】

旅行

【松崎】「盛る」芸術!世界に誇る漆喰こて絵の巨匠【入江長八】
  • 今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
  • 次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!

漆喰鏝絵(しっくいこてえ)

「漆喰こて絵」とは、
左官職人の「左官ごて」で漆喰を使って
施されるレリーフです。

白い漆喰にサンゴや緑青(銅のサビ)
などを混ぜて着色します。
豪商の土蔵など、富の象徴として装飾されました。

飛天の像(一対)

入江長八の作、「飛天の像(一対)」。
凹凸があるので差し込む光の加減で陰影ができ、
夕刻には最も美しく輝きます。

2011年、静岡県有形文化財に指定されました。
浄感寺内に施されています。

漆喰こて絵の巨匠・入江長八

入江長八は1815年、
松崎の貧しい農家に生まれました。

12歳で左官棟梁のもとに弟子入りし、
19歳で江戸へ出て狩野派の喜多武清に絵を学びます。
そのかたわら、
彫塑・塑像の技を左官に応用し、
漆喰芸術を完成させました。

長八と、こて絵に使われた道具

長八スポット① 長八美術館

松崎町にある「長八美術館」には、
長八の代表的な作品が約50点あります。

江戸での作品は震災や戦争などでほとんど消失。
残るのはごくわずかです。

とても細かい施しは、ルーペを使って鑑賞します。
こて絵の額まで漆喰を盛って作られています。
あまりにも精巧な竹の額だったため、
防腐剤を塗られてしまったものもあります。

凹凸がありますから、光の加減によって
一日の内に何度も表情を変えたのでしょう。
季節によっても光の加減が変わりますから、
いつみても美しい造形です。

ランプ掛けの龍は、
ゆらゆらとゆれるランプの火によって
龍の迫力が変わるのでしょう。
もう想像する事しかできませんが。

防腐剤を塗られた額の像と、ランプ掛けの龍

伊豆の長八生誕200年

長八スポット② 浄感寺

長八の学び舎であり、ここに眠る「浄感寺」。
浄感寺は700年の歴史がありますが
300年前の大火で全焼。
1845年に再建されました。
その際に長八が弟子を連れて彩色を施しました。

八方睨みの龍

天井には白龍が描かれています。
言葉通り八方を睨み、
「喜怒哀楽」「人間の一生」「無気」「無関心」
を表現した狩野派で絵を学んだ長八の名作。

見上げながら左から右に移動すると。
龍の若い頃から老体までを見る事ができます。
眼の光り具合も変わっていく様子が見えます。

三方には彩雲、一方には雨雲が彩られ、
その下には鶴のこて絵が施されています。

珍しい長八作の彫刻「獅子頭」

長八スポット③ 重文・岩科学校

長八の傑作「千羽鶴」

二階の日本間の欄干には、
長八が施した美しい千羽鶴が飛翔しています。
ぐるっと一周施されていますが、
一羽として同じ造形はありません。

可能なら自然光を入れて見せて頂きたいな、
と思う作品です。


いかがでしたか?
一度本物を見たら、
つぎつぎと長八「こて絵」探しに出かけたくなります。

伊豆の端にある世界最高芸術、
ぜひ観にきてくださいね~。


【長八美術館】は石廊館から車で約20分です



↓↓↓松崎生まれの豪商一家!


稼げるブログ♪
登録もランニングコストも0円↓↓↓

世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
1
  • 稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう
  • Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録
憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

月別アーカイブ

世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。