【下田】日本最古の石造り灯台の島【神子元島】

旅行

【下田】日本最古の石造り灯台の島【神子元島】
  • 藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!
  • 5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!

神子元島(みこもとじま)

神子元島は下田から南へ11キロ先の無人島。
下田市に属しています。

伊豆最南端の石廊崎からは9キロ東南東に
位置していますので、南伊豆の海岸線からは
灯台の黒い二本の横縞がはっきり見えます。


神子元島灯台

神子元島に建つ灯台は、
日本最古の洋式石造り灯台で、今も現役です。

積み重ねたのは下田から切り出した伊豆石。
目地には、稲取の火山灰と梨本の石灰岩で
できた日本初の速成セメントが使われています。

竣工は1871年(明治3年)1月。
初点灯には大隈重信、大久保利通などが立ち会っています。

その後、耐震補強や改修工事を行いながら
今も現役で動いています。


日本の灯台の父

リチャード・ブラントン

ブラントンはスコットランドの建築家です。
英国公使パークスの推薦で日本政府の招聘を
受け、1868年に来日しました。

ブラントンとその助手の仕事は灯台建設で、
1876年までの8年間で26の灯台を建てました。
北は納沙布、南は佐田岬まで、
現在でもほとんどが点灯中です。

そのブラントンは実は鉄道技師だったのですが、
スコットランドの灯台の父と呼ばれる技師から
技術を教わってから来日したそうです。

ブラントンは灯台だけでなく、
横浜の大通りを西洋式の舗装技術で整備したり、
本職の鉄道建設や、大阪港などの築港について、
電信敷設などなどの意見書を出しています。

神子元島灯台の点灯式にはパークスと共に
立ち会っています。


自ら設計した横浜公園に建つブラントン像


若山牧水と神子元島

旅を愛し、酒を愛した歌人

1885年宮崎県生まれ。
各地を旅し、その地で歌を詠み、
日本各地に歌碑が建てられています。
一日一升の酒を飲むほどの酒好きで、
肝硬変が原因で44才で没しています。
晩年は沼津で暮らしていました。

牧水の大学時代の学友が神子元島灯台の
灯台守をしていたので、
1913年10月に牧水は神子元島に
友を訪ね、一週間滞在しました。
その時の体験が80余りの歌になり、
「歌集・秋風」の歌に収められています。

そのひとつが須崎の恵比須島に
歌碑になって建てられています。

友が守る
灯台はあはれ
わだなかの
蟹めく岩に
白く立ち居り


下田の民話

「おすみ与吉の比翼塚」

昔、紀州の若い与吉が新妻のおすみを連れて
神子元島の近くまで船に乗ってきました。

若い夫婦の仲睦まじさに海神のねたみに触れ、
海は渦を巻き、風は吹き荒れ、二人の小舟は
木の葉のように弄ばれてしまいました。

遂に小舟は打ち砕かれ、与吉とおすみは
神子元島に命からがら這い上がりました。

無人の岩礁。食べる物はありません。
なんとか海藻や貝で飢えを凌ぎましたが
それも心許なくなってきました。

与吉は意を決し、おすみを残して
下田港へ向かって荒れる海を泳ぎ出しました。
ところが2日たっても3日たっても
与吉は戻ってきませんでした。

夫の助けを待ち焦がれていたおすみは
悲しみと絶望の末、
とうとう身を投げて夫の後を追いました。


もうひとつの「おすみ」

伊勢の若い男は、
御用米を船に積んで江戸へ向かっていました。
そこには親に内緒のお澄という恋人を乗せ、
江戸に着いたら一緒になるつもりでした。

下田の大浦には幕府の番所があり、
船はここで検査を受ける事になっています。
女人は手形がないと通してもらえないという
厳しい掟があったため、
男はやむなくお澄を神子元島に降ろし、
後で迎えにくることにしました。

ところがその間に海は荒れ、
男は神子元島へ戻れなくなってしまいます。

そのまま5日が経ち、
ようやく男が神子元島に戻ったときには
お澄は飢えと寂しさで冷たくなっていました。

絶望した男はお澄を抱き上げ、
一緒に黒潮の流れに飛び込んでしまいました。



下田観光協会は、この哀れな二人のために
昭和28年、灯台の側に比翼塚を建てました。

*比翼塚とは?
心中した男女や仲が良かった夫婦を
一緒に葬った塚のことです。


神子元島で遊ぼう!

神子元島は釣り人やダイバーに人気です。
特に、ハンマーヘッドシャークの大群が
見られる世界的に有名なダイビングポイントです。

詳しくは下のサイトなどからチェックです。



いかがでしたか?
なんでもなさそうな岩礁にも
いろんな歴史や民話があるんですね。

下田に来ることがあれば、
海の向こうからテカテカ光る灯台の事、
思い出してくださいね~。



親方の絶品料理が自慢↓↓↓



↓↓↓神子元島に流された男子!

誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!
1
  • 憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
  • Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録
旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

月別アーカイブ

憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!