【伊東】なぜ日蓮は海上の岩に置き去りにされたのか?【蓮着寺】

旅行

【伊東】なぜ日蓮は海上の岩に置き去りにされたのか?【蓮着寺】
  • 旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
  • 稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう
稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう

日蓮

日蓮(にちれん)は鎌倉時代の仏教僧で、
日蓮宗(法華宗)の宗祖です。

1222年に誕生し、12歳で寺に入ります。
貧しい漁師の家庭に生まれたために
口減らしで寺に預けられたという説もあり、
まぁ、この時代には珍しい話ではなさそうです。

39歳の時に「立正安国論」を幕府に提出。
鎌倉幕府第5代、北条時頼によって
伊豆へ流されます。

日蓮はなぜ流されたのか?

日蓮は大量の書簡を残しています。
その中の「立正安国論」を少し覗いてみます。


この書は、
旅人と、とある僧の会話で構成された物語です。

旅人

近年、地震や大風が続き、飢饉や疫病で
家畜は死に骸骨が路上に散乱しています。
人々も沢山死に、悲しみに暮れています。

阿弥陀様の名を唱える者、
薬師如来の教文を読む者、
法華経を崇める者、
秘密教の祈祷をする者、座禅する者、
門にお札を貼る者、菩薩を描く者、
天地を拝む者、、、

現状を哀れみ、各々が色々やっていますが
飢饉や疫病はひどくなるばかり。

仏の威力が失われたこの惨状は
いったいどうなっているのですか?

私も心を痛めています。
神への祈りも通じず、仏も現れず、
祈っていても何の効果もありません。

この災難はすべての人が正しい教えに背き、
悪法邪法に帰依した事が原因です。

そのため、護国神はこの国を捨て、
聖人も去って行ってしまったのです。

その隙に悪魔や鬼が押し寄せたのです。

旅人

どの経にそのようなことが書かれているのですか?

それが書かれた経文は非常に多くあります。
では、ひとつひとつ説明しましょう。
金光明経、(内容省略)
大集経、(〃)
仁王経、(〃)
薬師経、(〃)
仁王経、(〃)
大集経、(〃)

いずれの経文も、
「災難の原因は正法を守らないからだ。」
と説いているのが明らかです。

人々が邪教を信じるので護国神が去ってしまい、
その隙に悪鬼が災難をおこしているのです。

旅人

(旅人は怒っている。)
人々は仏像を崇め、経を敬っています。
各地に寺院が建てられ、
この国はこんなに仏教が盛んであるのに、
いったい誰が仏教を軽んじているというのです?

たしかに立派な仏閣が多く建ち並び、
僧侶も信者もたくさんいます。

しかしそれは表面的であって、
実は僧侶は邪(よこしま)であり、
それは王でも愚かな民でも
正しいのか邪なのかは見分けがつきません。

(再度いくつもの経文の引用を書き連ねる。)

これらを読むと、今、まさにこの通り。
悪僧を誡ませずして善事を成せるでしょうか。

旅人

(旅人はもっと怒っている。)
あなたはなぜ立派な僧侶を誹謗し、
我々を惑わすのですか。
いったい誰のことを言っているのですか?

それは「*法然(ほうねん)」である。
(*法然は「南無阿弥陀仏」の浄土宗開祖。)

法然は選択集という書物でこう記している。
「仏教を聖道門と浄土門の二門に分け、
聖道門を捨て、浄土門に入るべきである。」
と。
(聖道門のなかに日蓮の法華経が含まれる。)
(僧は選択集を引用し、そのせいで
無人となった仏堂に雑草が茂っている現状や、
薬師如来や釈迦の教えが忘れられていることを
長々と書き連ねる。)

法然の選択集のせいで護国神は去り、
悪鬼が入り込んで日本国を混乱させている。
災いを除く祈りをするよりも先に、
法然の念仏を禁止することが第一である。

旅人

(旅人は顔色を変えてますます怒る。)
このような悪口は聞いたことがありません。
慎むべきことであり、罪深いことです。
その罪はきわめて重く、
こうして対座していることが恐ろしいので
もう帰ります。

まあ、お待ちなさい。

ある事に染まってしまうと良し悪しが
分からなくなってしまいます。

良い言葉を聞いても悪と思い、
正しい僧を見ても悪僧と疑ったりするもの。

そのように人々を迷わせているのは
法然であるのです。

(さらに法然の悪口が連なる。)

念仏を唱える事が災難の原因であるので、
そんなものは捨て、
法華経に帰依して災難の根源を断ち切りなさい。

旅人

(怒りは少し落ち着く。)
奥深いところは理解できませんが、
あなたが言いたい事はおおよそ分かりました。

京都から鎌倉まで立派な高僧がいますけど、
あなたが言う浄土宗の害悪について
誰一人として幕府に意見した人はいませんね?

延暦寺と興福寺から念仏停止の申し立てに
朝廷から勅宣、幕府からは御教書が下り、
浄土宗一派は弾圧されました。

さらに、法然の弟子は遠国に流され、
未だに許されていないのですよ。

誰かが意見しなくても、
朝廷も幕府も浄土宗の害悪は分かっています。

旅人

(少々気持ちは和らぐ。)
私には法然が正しいのか悪なのか、
あなたの考えが正しいのか、法然が愚かで
誤っているのかも分かりません。

しかし、災難の原因が選択集にあるという
あなたの主張は、沢山の教文を示して頂き、
だんだん理解できてきました。

そこで、もしこの災難を除く方法があれば
それを聞かせてください。

私は愚かな僧ですから災難を除く方法は
よくわかりませんが、
正法を信じる人を重んじるならば
国内は泰平になると考えています。

(またしても大量の経文を引用する。)

(「仏の正法を軽蔑した者以外に施すのは
善い行い。」
「異端のバラモンの命を絶った。これは
正法を護ったので功徳。罪にはならない。」
「正法を護るために武器を持て。」
などなど、過激な引用がズラリと並ぶ)

法然のような愚かな邪説に従っている民に
哀れみを感じます。

泰平の世の中にするためには、一刻も早く
仏の教えに背く行為を禁止せねばなりません。

旅人

邪教徒を殺すというのですか。
殺害は殺害を生み、無限に罪を重ねるばかり。
あなたの過激な意見にはついて行けない。

あなたには私の意図が届きませんね。
悪い僧には布施をしないという事です。
(=餓死させよ)

旅人

(襟を正す。)
貴僧の説明で私の目は覚めました。
法然一派への布施を断ち、念仏を捨てれば
世の中は平和になるのでしょう。

それは大変結構な事です。
私の言葉を信じるならば風は和らぎ、
波は静かになり、必ず豊年となるでしょう。

しかし、人の心は変わりやすい。
今すぐ心を改めて法然一派を根絶しましょう。
外国からの侵略にも備えなければなりません。

(またしても多くの経文を引用し説教。)
一刻も早く邪教を捨て法華経に帰依しなさい。
そうすれば国は衰えず、あなたの心は平和でありましょう。

旅人

貴僧の慈悲の教えを仰ぎ、
私だけが信じるのではなく、
周りの人々の誤りも正していくことに努めます。

「立正安国論」の感想

かなり端折って簡単に書き出しましたが、
あなたはこの物語を読んでどう思いましたか?

「旅人が納得した」という結末ありきの
お話ですが、私は全く納得しませんね。

「自分の信じるものだけが正しく、他は悪。
罵詈雑言の嵐の末に、殺してしまえ。」

まず、初対面の人がこんな話をしてきたら
私はそっと離れますけど。

ウチの玄関先で現政権の悪口を言い並べた
〇正会はこの流儀を正しく継承しています(笑)
(「録音しています」と言うと慌てて帰ります。
この手にお困りの方はご参考に。)
人の悪口を言う人、本当に醜い。
本当にこの世で最も醜い顔をしています。

「都合の悪いヤツは殺してしまえ。」
なんてのは「ポア」を思い出してしまいます。

北条時頼と日蓮流刑

鎌倉幕府第5代執権の時頼は病気を理由に
執権を嫡子(時宗に6歳)に譲りましたが、
実質的な最高権力者でありました。

鎌倉に最明寺(現在は明月院)を創建し出家。
最明寺入道と呼ばれるようになります。


あるとき、名も知らぬ僧から
「立正安国論」なる説教書を受け取ります。

世の中すべての害悪は法華経以外の全ての
邪教のせいであると書かれています。

法然の浄土宗が狙い撃ちにされていますが、
武家が支持する臨済禅も邪教であるということ。

これで怒りに火が付いたと思いきや、
時頼はこの日蓮の長い説教を無視したのです。
いわば、大人の対応といったところですね。
現在同様「信教の自由」の立場だったのです。

そして、
現在でも不況になると新興宗教や占いが
流行するように、
他宗を邪教とする日蓮の布教は広がって行きます。

幕府が無視していても、
名指しされた浄土宗の宗徒は黙っておらず、
ある夜に日蓮襲撃事件を起こすのです。
悪因悪果、殺せと言えば殺されかけるのです。

さすがに無視できなくなった幕府は、
阿弥陀一仏主義の法然を流罪にしたように、
法華経唯一の日蓮を流罪にしたのです。

多様性を認めないから争いが絶えない。
現在でも同じことですよね。

蓮着寺

1261年(弘長元年)5月、
日蓮は海上の岩に置き去りにされました。
(後に「まないた岩」と呼ばれる)

満潮になると沈んでしまう命でしたが、
通りがかりの漁師に窮地を救われたのです。

日蓮はその後1263年に赦免になるまで
この地に留まったと伝わっています。

蓮着寺はまないた岩から500mほどの場所に
1508年開山しました。

(ニ代目)袈裟かけの松

漁師に助けられて岸に上がった日蓮が
袈裟を掛けて休んだといわれる巨大な松が
奥の院の境内にありましたが、
1934年(昭和9年)に火事で枯死しました。

今は参道の途中の松を「二代目袈裟かけの松」
としているようです。
(てことは、日蓮の袈裟はかけられていない)

蓮着寺のヤマモモ

この巨大な一本のヤマモモは
国指定天然記念物です。

石喰いのモチノキ

一言。「気味が悪い」。
成長途中で周りの石を巻き込んだのでしょう。
今にもむしゃむしゃと口が動き出しそうで、
ホラーアニメにでてきそうな木です。

奥の院

気味の悪い木に気を取られますが、
振り返ればこの景色!
ここから「まないた岩」が見えます。



いかがでしたか?
今回は文字数が多くて読むのも大変でしたね。
ありがとうございます。
(これでも大分縮めたんです。)

今回はご批判やお怒りが出るかと思いますが、
どうかそれはそちらで処理なさってください。

それはそれとして、
蓮着寺奥の院から見える景色は雄大ですので、
是非おでかけください~。

5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
1
  • 今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
  • 憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

月別アーカイブ

今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法