【南伊豆】財宝と共に命を散らせた船員の慰霊碑【海蔵寺】

旅行

【南伊豆】財宝と共に命を散らせた船員の慰霊碑【海蔵寺】
  • 世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
  • 憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!

海蔵寺

南伊豆町入間に建つ、瑞雲山海蔵寺。

元は天台宗の寺院でしたが、
1532~1554年に臨済宗建長寺派に改宗。

寺建築の為に古池を排水したところ、
池の底にいた大蛇が水を求めて娘に化け、
民家の水瓶の中身を全部飲み干してしまった。
という伝説が残る場所に建っています。

別名「お多福寺」

入口では大きなお多福様がお出迎え。
ふくよかなお顔に癒されます。


境内には数十体のお多福様!


お多福様だらけの中に、
子供がしがみ付くお地蔵様。

幼い子供が親より先に死ぬのは親不孝。
三途の川を渡れず、
賽の河原で鬼にいじめられてしまいます。
そんな子供達に徳を与えて救済し、
成仏へと導くのが地蔵菩薩。

ちょっと涙がでそうになるお地蔵様でした。


横にキュイーンと伸びた松(?)

その下の3つの小さな鳥居。
神仏習合の名残なのでしょうか。

恐らくこの下を這ってくぐり、
魔を祓ったのではないかと勝手に想像します。


ニール号慰霊碑

1874年3月20日。
フランスの郵船ニール号がこの寺の先で
沈没しました。

前年のウィーン万博に出品した、
国宝級の美術工芸品を乗せたままです。

源頼朝の太刀や北条政子の手箱、
漆器、仏像、陶磁器、純金の茶釜など
積荷は190余箱に及びましたが、
引き揚げられたのはわずか68箱です。


因みに、
名古屋城の金鯱も万博に出品されましたが、
別の船で帰還し難を逃れました。



鎌倉時代の古器物として出品された手箱
鶴岡八幡宮で明治初期に御開帳の時、
下田出身の写真家下岡蓮杖が撮影しました。


こちらは引き揚げられた蒔絵見台
目立った損傷がないということで、
日本の漆器の堅牢さが証明されました。



2004年、
水中考古学者の調査により、
ニール号の船体の一部やアンカーが発見されました。
海底に眠るお宝の発見も近いかも知れませんね。


船員慰霊碑

ニール号の乗組員は総勢90名。
生存者はわずか4名。
船員を弔った慰霊塔は、海蔵寺の敷地内
海の見える高台に建てられました。



いかがでしたか?
ウィーン万博では海底に眠るお宝のおかげで
ジャポニズムが流行り、
一日に3000本もの扇子が売れたとか。
ウィーン王妃はパビリオン建築中に訪れ、
カンナ屑を持ち帰るほど、
日本の職人技に魅了されたといいます。

そんなお宝が眠る海の側に建つ海蔵寺。
是非訪れてみてくださいね~!



【海蔵寺】は石廊館から車で約10分です


↓↓↓隣の崖にはハッピーセット!



稼げるブログ♪
登録もランニングコストも0円↓↓↓

キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう
1
  • 旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
  • 稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう
誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

月別アーカイブ

藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!